私たちについて

私たちについて

設立・趣旨

00005114L.jpg

 私たちが住む坂井市は、丸岡城天守を有し、現存する12天守の中でも最も古く歴史的価値があり、市民の宝です。

 2016年春、国宝化運動を通して丸岡城の価値を高め、誇りを持って後世に伝えようと決意し、丸岡城天守を国宝にする市民の会の設立を決意しました。

 そして2017年春、これまでの活動に加え、丸岡城を中心とした周辺のまちづくりに取り組み、丸岡城および魅力ある丸岡地区を次世代につないでいくことを目指して、「一般社団法人丸岡城天守を国宝にする市民の会」として法人格を取得いたしました。

会長メッセージ

会長 松本富男


会長 松本富男

 2016年春、丸岡城天守を国宝にする市民の会が発足し、丸岡城を内外にPRし、一人でも多くの丸岡城ファンを増やしていこう、そしてこれらの取り組みを国宝化の気運醸成につなげていこうと、多くの皆さまからのご理解とご支援を賜りながら、様々な活動に取り組んでまいりました。

 そして2017年春、これらの取り組みに加え、丸岡城周辺のまちづくり、賑わいづくりにも力を入れていこうと、一般社団法人化いたしました。

 司馬遼太郎は、「街道をゆく18-越前の諸道-」の中で、丸岡城を"なるほど小さい"と表現しました。丸岡城は、現存する最古の天守として、小さいながらも素朴さ、力強さ、そして凜とした美しさを持つ、とても味わい深い天守だと思います。

 私たち市民のみならず、日本が誇れる宝の一つであるという思いで、丸岡城を次世代につないでいくため今後も活動してまいりますので、今後とも皆様のますますのご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

会長 松本富男

理事長メッセージ

理事長 大濃孝尚


理事長 大濃孝尚

 この度、「丸岡城天守を国宝にする市民の会」が一般社団法人化され、理事長を拝命いたしました。大変、光栄に思いますとともに、責任の重さを感じているところでございます。大役を仰せつかり身の引き締まる思いですが、使命を全うすべく、全力を尽くす所存でございます。

 さて、丸岡城は「現存する12天守」の内、最も古く、1576年柴田勝家の甥柴田勝豊が築城したと言われています。しかし、廃藩置県に伴うお城の天守、門などの民間払い下げによる遺産の流失、お堀の埋め立てなど見るも無残な姿になってしまいました。更に福井地震による天守・石垣の崩壊などで壊滅的な打撃を受けました。それでも、官・民・地域の方の並々ならぬご支援により再建されています。

 私達は、この先人の努力を受け継ぎ、更に子や孫の世代に継承すべく、今私達の世代で出来ることを一つ一つ実行していかねばなりません。

 私は、「丸岡城天守を国宝にしよう。」と言う共通の思いをもとに、色々な活動を推し進める所存でございます。そのためにも今の世代の皆様にご協力をお願いいたします。

 皆様におかれましては、今後とも当法人の活動にご支援とご協力を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

理事長 大濃孝尚

活動内容

  • 丸岡城国宝化に向けた市民の気運醸成に関すること。
  • 丸岡城天守及び周辺地域に関する情報収集及び発信に関すること。
  • 丸岡城周辺の整備及び賑わい創出に関すること。
  • 地域・文化・観光振興事業
  • 意識啓発及び交流事業
  • 出版事業
  • 調査・研究事業

など

運営体制

役員

会長 松本富男
理事長 大濃孝尚
副理事長 岩田龍見 松江輝雄
理事 大和久米人 四戸友也 水﨑亮博 大霜徹夫 武川成年 高嶋信博 瀬野友伸(事務局長)
監事 釣部勝義 竹澤信雄

定款など

情報公開

一般社団法人丸岡城天守を国宝にする市民の会

〒910-0231 福井県坂井市丸岡町霞町1-41-1
Mail maruokacastle@gmail.com
Tel ‭0776-65-9912
Fax ‭0776-76-5560‬‬


COPYRIGHT ©2017 - 2019 一般社団法人 丸岡城天守を国宝にする市民の会 All Rights Reserved.