坂井市丸岡観光協会公式サイト コシヒカリの古里。日本最古の天守閣丸岡城。歴史と自然が共存するまち、福井県坂井市丸岡町へようこそ!


中世の丸岡

豊原寺の歴史

丸岡の市街地より東方約4km山麓の谷間一帯に豊原寺跡がある。この豊原寺は大宝2年(702)に泰澄大師によって開かれ、大師自らが11面観音を刻み、豊原八社権現を祀り豊原寺を建立したと「白山豊原寺縁起」に記載されている。

100年後の天長年間には昌龍和尚が衰微した豊原寺を復興した。その後、越前の豪族であった藤原利仁は豊原権現に帰依して多くの土地を寄進し、その子孫で越前押領使藤原以成は5社の霊廟その他500余坊を建立し荘園を寄進した。「朝倉始末記」によると、藤原衆徒は越前で最も勢力のある寺院に成長し、平泉寺と共に越前僧兵として多くの戦功をたてて活躍した様子が書かれている。

天正3年(1575)には一向一揆が豊原寺を本拠地としたため織田信長によって焼き払われ、焦土と化した。その後、信長は柴田勝家の甥で柴田勝豊に4万石を与え、豊原に山城を築城した。勝豊は豊原の地83石を与え坊頭として東得坊、西得坊を建て、伽藍を整備し、豊原寺を再興した。

天正4年(1576)には、この山城を現在の平地城の丸岡城に移築した。豊原に残っていた寺院の多くも、これに従い、住民と共に丸岡街に移住した。その後、豊原寺は福井藩主や丸岡藩主の支援もあり、越前国33番札所となり、伽藍の整備も続き、白山信仰の霊地として繁栄していた。

しかし、明治2年(1869)に華蔵院焼失し、更に神仏分離令より豊原寺は次第に廃墟化して、住民も次第に下山し、過疎化が進み、昭和38年(1963)の豪雪以降、ついに廃村となった。平成11年(1999)有志により、豊原寺史跡保存会が平成19年(2007)には「のうねの郷づくり推進協議会」が結成され、史跡保存活動が開始されている。

(豊原史跡保存会10周年記念誌より引用)

豊原六地蔵

昌龍和尚座像

長崎城跡

天正年間頃の地籍図複製

南北朝時代~朝倉時代にかけて称念寺は陣所となり、よく戦乱に巻き込まれた。 「大平記」には建武4年(1337)「細屋右馬助を大将として、その勢力3000余騎越前国へ攻め入り 長崎・河合・川口3箇城を構えて漸々に府へぞ責寄ける」とあり、南北朝時代には城が存在し、南朝方の重要な拠点であった。その縁で新田義貞公の墓所となった。「大乗院寺社雑事記」によれば、斯波義良・甲斐八郎が越前に侵入して、文明5年(1473)には称念寺は朝倉氏の守備城となった。称念寺は金津の東山へ寺ごと避難移転している。文明12年(1480)7月には長崎城、金津城、兵庫城、新庄城等を攻め落とされている。その反撃に転じた朝倉勢は翌年13年9月に「長崎之道場」に出陣して大勝利を収め、斯波・甲斐方を越前から追放している。天正2年(1574)朝倉氏滅亡後、一向一揆が起った時長崎城はその陣所となった。

この頃の地籍図では、現在の称念寺の境内を含めたその北側の「字願成寺」あたりに、その規模東西約110m×南北約140m 南に突出した五角形をしていた。堀跡は西側を除き三方に幅約10mの水田となって残り、南側には土塁跡が幅6~7mの藪となってL字状に残っている。また、北と西に「字西門」「字北門」の字名が残っている。南側には「字古屋鋪」がある。

(日本城郭大系より)

大正末期頃の撮影 称念寺全景(南側)

平成20年9月撮影 称念寺全景(南側)

黒坂備中守館跡(舟寄館跡、舟寄城跡とも云う) 坂井市指定史跡

明治9年頃の地籍図複製

文明13年(1481)頃、越前を支配していた朝倉氏は舟寄にその守備城を築いた。城主は朝倉氏家臣の黒坂備中守景久と伝えられている。天文21年(1552)一向一揆を攻撃するために宗滴を総大将として加賀に討ち入った時、堀江中務丞景忠麾下に黒坂解由左衛門尉景久の名が見え、その戦いぶりの詳述が文献に出ている。元亀元年(1570)越前に侵入してきた織田信長軍を迎え撃つために、黒坂景久は朝倉勢の一支隊として竹田風谷方面の警護に進発している。景久は翌年2年7月に戦死し、3人の息子があとを継いだ。朝倉氏滅亡後信長に従ったが、天正2年(1574)越前の一向一揆に攻められ、3兄弟とも討死した。

舟寄館跡は現在日東シンコー(株)の会社敷地内にある。明治9年(1876)頃の地籍図によると「字舘」に東西約110m×南北約80mの畑地の東と南に幅約10mの土塁跡が残り、堀跡らしき水田がまわりを囲んでいる。舘の西側に「舘ノ前」東側に「舘ノ後」があるので、舘は西に向いていたと考える。舘は500m西を通る旧北陸道に面していたであろう。舘の南東には「東古町」「西古町」「法華坊」などの字名が残っている。

(日本城郭大系より)

日東シンコ−KKの敷地内にある黒坂備中守景久の館跡


坂井市丸岡観光協会

〒910-0231 福井県坂井市丸岡町霞町3-1-3(一筆啓上茶屋内)
TEL:0776-66-5880 FAX:0776-66-5886

当サイトに掲載しているコンテンツの無断転載はお断りいたします。