坂井市丸岡観光協会公式サイト コシヒカリの古里。日本最古の天守閣丸岡城。歴史と自然が共存するまち、福井県坂井市丸岡町へようこそ!


イベント・祭り

丸岡城周辺

丸岡古城まつり

毎年10月中旬に開催。5万石パレード、武者行列、からくり人形山車、そして丸岡町民総踊の輪が町の目抜き通りに繰り広げられます。

丸岡城(霞ヶ城公園管理事務所)

住所 坂井市丸岡町霞町1-59
TEL 0776-68-0801
(坂井市丸岡総合支所地域振興課)

国神神社

春季祭礼・秋季祭礼

坂井市丸岡町国神神社の春季祭礼・秋季祭礼です。 神神社の御祭神は継体天皇の第2皇子の椀子皇子。皇子は常に住民を愛し、地域の開発に尽くされました。皇子の御神徳を敬い、国神神社に奉って、住民の御守護の神として、歴代領主や近郷近在の住民の厚い崇敬を受けるようになりました。春と秋の丸岡祭りはこの付近一帯の大祭というほどのにぎわいを見せています。(石城戸)

国神神社

住所 坂井市丸岡町石城戸1-2
TEL 0776-66-1277

舟寄地区

舟寄踊

今から400年ほど前、越前領主朝倉義景の重臣、黒坂備中守景久が、姉川の戦いに出陣する武士に酒宴を開いた時に踊られたのが始まりと云われています。 旧北陸街道の宿場として栄え、区内の広場では8月15日には「舟寄踊」が行われます。舟寄地区に伝わる県指定の無形文化財。旧盆に舟寄踊り広場で繰り広げられる夏祭りです。

舟寄地区

TEL 0776-50-3152
(坂井市観光課)

布久漏(ふくろ)神社

表児の米

坂井市の指定文化財(無形)。布久漏は北横地の古名で、この神社は応神天皇と神功皇后を祀ります。この神社に伝わる「表児の米」は十郷用水の恵みに対する先人たちの尽力に感謝し、賽米を集めた事に由来しています。表児の米は、毎年9月14日に丸岡町西部の礒部地区北横地の神社で開かれます。「表児の米」とは、北横地にある神社に古くから伝わる神事のこと。この勇壮な神事は、一晩中続き、米どころ丸岡町磯部地区の伝統行事となっています。

布久漏神社

住所 坂井市丸岡町北横地14-29,30
TEL 0776-50-3152
(坂井市観光課)

長畝八幡神社

日向神楽

日向神楽は元禄8年(1695)丸岡藩主有馬清純公が日向国(宮崎県)から越後国(新潟県)糸魚川を経て丸岡に来られたときに、延岡から神楽の舞人を同伴し、丸岡城下の諸社祭礼に奉納させたことに由来。毎年9月の神社の秋祭りに神楽が奉納されます。県指定文化財(無形民俗)

長畝八幡神社

TEL 0776-50-3152
(坂井市観光課)

丸岡町竹田地区

竹田じょんころ

竹田地区に古くから伝わる「竹田じょんころ踊り」は旧盆の8月15日,16日の2日間。山の神に感謝し、平和を祝す安らぎの踊りともいわれる哀調を帯びた節回しで、腰を落としながら身をくねらせて優雅に踊ります。坂井市の無形民俗文化財。

丸岡町竹田地区

TEL 0776-67-2543
(竹田公民館)


坂井市丸岡観光協会

〒910-0231 福井県坂井市丸岡町霞町3-1-3(一筆啓上茶屋内)
TEL:0776-66-5880 FAX:0776-66-5886

当サイトに掲載しているコンテンツの無断転載はお断りいたします。